メンテナンスと雨漏り修理の必要性~原因と発生場所~

雨漏り

古い物件は経年劣化などによって住宅の壁や屋上が傷んでいることが多く、定期的にメンテナンスを実施する必要があります。そのままにしておくと住宅で雨漏りなどの被害が発生してしまい、家族に悪影響を与えてしまう恐れが高くなります。

雨漏り修理が必要になる状態

自宅には雨漏りの原因となる場所がいくつか存在しているので、まずは雨漏りが発生しやすい場所や要因を調べて雨漏り修理や対策を実施しましょう。

屋根・屋上
屋根材が台風などの影響によって壊れてしまっていると、その部分から雨水が入って住宅内に雨漏りが発生してしまいます。症状が進行すると天井が崩れ落ちてしまう可能性があるため、雨漏りが発生した場合は一度屋根材をチェックすることが大事です。また自分で調べることが困難な場合は、雨漏り修理業者の方にチェックを依頼しましょう。
屋根と壁が結合している部分は雨漏りが発生しやすく、定期的なメンテナンスを行なっていないと壁から水が侵入してしまうでしょう。きちんと外壁のメンテナンスを行ない、材質の劣化が発生しないように注意する必要があります。住宅の壁から雨水が侵入してきた場合は、外壁塗装の塗り直しをする雨漏り修理法が有効です。

このように住宅のいろいろな場所をチェックしていて雨漏りを発見した場合は、すぐに業者に雨漏り修理を依頼しましょう。また、修理を行なった後はしっかりメンテナンスを実施して、住宅の老朽化に注意することが大切です。

雨漏りのカビから病気にもなる?雨漏り調査で見つかった怖い話

業者

雨漏りは住宅に使用されている設備や木材などにダメージを与えるだけでなく、さまざまなトラブルの原因にもなります。そのため住宅で雨漏りが発生していた場合はすぐに雨漏り修理を行ない、被害が拡大するのを防がなければなりません。雨漏りによるトラブルが起こった人の実際のケースを見てみましょう。

壁からの雨漏りで柱が腐食、シロアリやカビが沸いていた(42歳/東京都)

自宅の一部で雨漏りが発生していたのですが、業者の方に雨漏り修理を実施してもらった時にシロアリやカビの発生を偶然見つけることができました。すぐに対策を行なうことができたので、住宅への被害が軽く済んで良かったです。

調査を依頼してみたら、壁紙の下がカビだらけだった(35歳/埼玉県)

住宅でカビの臭いや湿気といったさまざまな現象が発生していたため、業者の方に調査を依頼したら雨漏りが発生していました。しっかりと雨漏り修理を実施した後は、カビの臭いや湿気が気になることはありません。

防水工事で行なう家のメンテナンス

住宅で雨漏りなどの被害が発生することを防ぐにはメンテナンスを行ない、必要であれば修理を依頼することです。そうした努力で住宅の快適性を維持していくことができます。業者に修理を依頼する際はよく内容を確認し、適切な施工法やプランを選びましょう。外壁塗装を実施しておけば、台風などが来ても住宅の防水性能がアップします。

TOPボタン